新時代シャフト【BACHEAT】開発裏話

初めまして!

 

ゴルフ系YouTubeチャンネル【やすゴルTV】のやすこと、中島康彦です!

 

RATELオンラインストアへのご来店、ありがとうございます。

 

今回は、有名シャフトメーカーUSTmamiyaの完全協力で生まれたオリジナルシャフト

 

BACHEAT

 

を開発しようと思った理由に関してお話させて頂きたいと思います。

 

ゴルフって、難しいですよね?

 

その難しさが僕たちを惹きつけてやまない理由の一つかもしれません。

 

だからこそ、

 

「うまくなりたい」

「気持ちよくプレーがしたい」

 

という気持ちも強くなりますよね。

 

僕もその思いの一心で、

たくさんのクラブを買い替え、

たくさんのレッスンに通い、

出来る限りラウンドをして来ました。

 

確かに、ベストスコアは徐々に良くなったとは思います。

 

しかし、ショットに対しての「不安」というのが、常につきまといました。

 

このせいで、80台も出るときもあれば、

ゆうに100以上叩いてしまうこともしばしば。

 

ナイスショットをしても、

ミスショットをしても、

何がどう良かったのか、どう悪かったかがわからず、

ただ一喜一憂をして、原因を想像して、

結局正解はわからず・・・

 

そしてレッスン系のYouTubeや、雑誌を見漁り、試行錯誤してみるも、

正しくできているのかがわからず、

さらにはそのドリル自体が出来なかったり。

 

はたまた、レッスンに行っては「治ったような気」「良くなったような気」になり、

また同じようなミスを繰り返し・・・

 

色々なものにお金をかけては、

良くなっているようななっていないような、

そんなゴルフ人生でした。

 

そしてどんな高価なクラブも、どんな有名なレッスンも、この不安を取り除くには至りませんでした。

 

なんでこんなに時間とお金を費やしているのに、

うまくなった!!と感じることが少ないんだろう、

そう考えることが多くなって来ました。

 

この、原因すらわからない難しさが、ゴルフを始めることの敷居の高さ、

そしてゴルフから離れてしまう人がいることの大きな理由の一つだと思いました。

 

==================================

 

YouTubeでもお伝えしていますが、僕はこんな考えのもと、みなさまに動画をお届けしています。

もっと、より多くの人にゴルフを楽しんでもらいたい。

ゴルフをより身近なものにしたい。

どうしたら、せっかく始めたのに挫折してやめる人を減らせるのか。

そんなことを、考えながら、悶々とした日々を過ごしていました。

 

そんな中で、動画の企画で、

USTmamiyaのシャフトフィッティングを受ける機会がありました。

 

そのとき、たくさんの種類の重量、フレックス、キックポイント、長さを試させてもらいました。

 

(その動画はこちら⬇︎) 

そこで今まで打ったことのなかったようなスペックのシャフトや、

市販ではあまり売られないようなスペックのものも打たせてもらうことができました。

 

そしてあるスペックのシャフトを打ったとき、衝撃が走りました。

 

そのシャフトは、僕がゴルフをやっていて初めて、

「しなり」を感じさせてくれて、

そして「しなり」を使って飛ばすことが出来た、

そう思わせてくれるものでした。

 

僕を含め多くのアマチュアゴルファーの方は、

この「しなり」と「スイング」が結びついてない方が多いのではないでしょうか。

 

飛ばしに関する多くのスイング理論は、体が生み出す力を大きくする方向性で生み出されています。

 

流行りのG○スイングもそうですよね。

 

しかし、どんなに体が生み出す力が強かろうが、

クラブにその力を伝えられなければ意味がありません。

 

では、どうすれば「力を伝えられている」とわかるのでしょうか。

 

その答えが、「しなり」なのです。

 

では何故スイングとしなりがこんなにも結びつかないのか。

 

答えはシンプルでした。

 

世に出ているほとんどのシャフトが、

アマチュアゴルファーにとっては「オーバースペック」だったのです。

 

つまり、多くのアマチュアゴルファーの

「力」「技術」では、シャフトを意図的にしならせること、

すなわち「扱う」ことが難しいシャフトが多いのです。

 

しなれせられなければ、

柔らかいシャフトも硬いシャフトも、

シャフトが生み出すエネルギーという意味では同じ「0」です。

 

ゴルフクラブというのは、

他のスポーツに比べてとても多くの、

ハイレベルなテクノロジーが使われています。

それくらい難しいスポーツということかな、と僕は思っています。

 

そんなクラブに「仕事をさせられていない」ということは、

テクノロジーを使えていないということです。

 

その状態でゴルフに立ち向かおうなんて、

正直無理ゲーですよね。笑

 

おわかりかとは思いますが念のため言っておきますが、

このテクノロジーを使えるようになっても、

ゴルフはめちゃくちゃ難しいです。

 

むしろ、テクノロジーを使える状態になってやっと

スタートラインじゃないかな、くらいに僕は思っています。

 

長くなりましたが、

そんなこんなでこのことに気づいた僕は、

アマチュアゴルファーが「扱える」シャフトを作ることを決意しました。

 

ここから【BACHEAT】が生まれるまでは、まだまだ長き道のりなのですが、

今回ははこの辺で終わりたいと思います。

 

また、続きを書きますので楽しみにしていてくださいね。

 

それでは、やすゴルTV共々、RATELオンラインストア、そしてBACHEATをよろしくお願いいたします。

 

やすゴルTV

やすこと中島康彦

次の投稿

0 コメント

x