シャフトの「しなり」、感じたことありますか?

どうも!やすゴルTVのやすです!

今日は「しなり」についてお話したいと思います。

 

まず、アマチュアゴルファーのみなさん

「しなり」を感じたこと

「しなり」を使って飛ばした!と感じたこと

ありますか?

 

ある!という方もいらっしゃるとは思いますが、

無いなぁ、という方が大半なのではないでしょうか?

 

結論から言うと、

「しなり」を使わない限り、

ゴルフクラブに詰め込まれた高いテクノロジーの大半を

全く使えていません。

 

思いっきり振っているのに全然飛ばない、とか

マッチョな男性より、筋肉量の少ない女子プロの方が飛ぶ、とか

よくありますよね。

 

はたまた、

あの人かるーく振ってるように見えるのに、めっちゃ飛ぶんだよなぁ、とか

逆に、置きに行ってるのに全然安定しない!

というのもありますよね。

 

この原因、全てゴルフクラブ、ひいては「シャフト」にあります。

 

思いっきり振ってるのに飛ばない人の原因としては、

道具を扱うのが苦手、もしくはクラブがオーバースペック、

特に後者の可能性が高いと思います。

 

その状態で、とにかく大きなミスを減らしたいからといって

置きに行っても、さらに難しくなるだけです。

多くの方は引っ掛けたチーピンや、

高ーく上がるスライスになってしまうのではないでしょうか。

 

要するに、多くのスイングのバリエーションに対して、

シャフトが「適正な挙動」をすることが求められるのです。

 

そして、それを実現したのが「BACHEAT」なのです。

 

シャフトって、しなっていなければ

エネルギーを生み出す、という意味では

7TXだろうが4Rだろうが変わりません。

しならせられなければ、ただの棒です。

それなら、しならせやすい方が良いですよね?

 

では、柔らかければ良いのか。

 

もちろんそう単純な話ではありません。

ひと昔前までは、

柔らかい=安定しない、当たり負けして飛ばない

という状況が実際にありました。

 

しかし、昨今の技術進歩により、

柔らかいことのデメリットがほぼ打ち消せるようになっています。

 

今までは考えられなかった素材を使ったり、

コーティングや、そもそも重量設計やキックポイント、トルクの設計も

自由度が大きく増しています。

 

もはや重い・硬いシャフトのメリットを追い抜きうる勢いの技術進歩が、

すでにそこにあるのです。

 

その現段階での集大成が、「BACHEAT」なのです。

 

なぜ大手メーカーはそれをしないのか。

答えは至ってシンプル。

 

固定観念です。

 

メーカー側の、ではありません。

アマチュアゴルファー側の、固定観念です。

 

こんなにも良いということがわかっているものでも、

市場のニーズに合わないものは大手メーカーさんにはできません。

 

しかし、時代は間違いなくこの方向に進みます。

これまでの道具の進化を辿ればそれは明らかですよね。

 

年々慣性モーメントが大きくなっているヘッドの性能を発揮するためにも、

そもそもシャフトのテクノロジーを享受するためにも、

最適なシャフトスペックは、

市販のそれより、かなり下にあります。

 

正直僕は、そう遠く無い未来に、

プロゴルファーもこの方向に進むと思います。

すでにプロの中にも、順応性に優れた方はそういうスペックを

取り入れていらっしゃいますよね。

 

是非「BACHEAT」で、最先端のテクノロジーを

「扱って」ください。

 

毎回ティーショットが不安なラウンドに、

おさらばしましょう。

 

毎回自信を持って、ティーグラウンドに立ってください。

「BACHEAT」が、それを実現します。

 

こちらの動画でもしなりに関して色々喋っていますので、

是非ご覧ください!↓

前の投稿 次の投稿

0 コメント

x